事業内容

検定・資格

CQE・CSQE資格の更新手続き:資格の更新とは

ASQのCQE・CSQE資格は3年ごとに更新する必要があります。なぜ資格を更新する必要があるのでしょうか? それは、資格保有者が受験時と同レベルの知識を維持しているか確認するためです。更新しないと、ASQは資格保有者として認定しなくなります。

[ご注意] この日本語の案内は情報提供のためのものであり、記載内容はASQの正式英文冊子Recertification Journal 「資格更新ジャーナル」をご覧ください。

更新方法には以下の2通りあります。

  • 1.RU(資格更新)単位取得による方法
  • 2.再受験による方法
1.RU(recertification unit:資格更新)単位による方法

資格が有効なのは、合格後3年間です。この間にRU(資格更新)単位を最低18単位取得すれば、資格を更新することができます。RU単位は、知識要件(ボディ・オブ・ナレッジ)をさらに深めるか、直接的に仕事の質を高める活動をすることによって得られます。これらの活動は、資格を取得する以前に開始したものでも該当します。ただし、資格有効期間内に修了していなければなりません(また、資格の更新は3年ごとに再受験することによっても行うことができます)。

カテゴリー 計算方法 取得可能な最大単位数
(A)専門性の向上 0.1/1時間 9.0 RU
(B)雇用 フルタイム: 0.3/月または3.6/年
パート: 0.15/月または1.8/年
10.8 RU
(C)インストラクター 1学位単位=1.5
1時間につき0.15
10.8 RU
(D)受講生 1学位単位=1.0
1時間につき0.1
9.0 RU
(E)会議 会議1回につき0.3
ワークショップ1回0.3
9.0 RU
(F)委員会 一つの委員会に継続して所属の場合1.5/年 4.5 RU
(G)資格取得 一資格につき1.0 3.0 RU
(H)試験監督 ASQの資格試験の監督をした ?主監督の場合1.0 7.0 RU
(I)電子媒体 0.025/15分 3.6 RU
(J)執筆 作者 共著者 9.0 RU
 記事 1 0.5
 単行本 3 1.5
 発表論文 1 1
2.再受験による資格更新

試験の再受験による資格更新も可能です。ただし、試験に不合格だと資格は消滅します。

資格有効期間が終る1年前から再受験は可能です。合格した場合の次の更新時期は、第1回目の有効期限に基づいて算出されます。

資格取得日: 2000年12月
有効期限: 2003年12月31日まで
再受験合格: 2003年6月
次回更新時期: 2006年12月31日

再受験による資格更新をする場合は、ASQのホームページにある、資格更新専用の受験申込書を申込締切日までに直接ASQ窓口にご提出下さい。試験は年に2回、6月と12月の第一土曜日に実施される予定です。詳細は上記ASQのホームページにてご確認下さい。

お問い合わせ先
業務管理センター 広報・国際グループ TEL:03-5990-5852/FAX:03-3344-3022/E-mail:juse@juse.or.jp

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISOセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
Webジャーナル
『クオリティマネジメント』
機関紙「日科技連ニュース」
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.