QCサークル

QCサークル誌ってどんな雑誌?

創刊のいきさつ

日本の産業界が安定成長期にあった1951年にデミング賞が創設され、一斉に品質管理の導入が広がりました。全社的な品質管理活動(TQC)の一環として、製造現場でも活発な品質管理活動がはじめられ、産業界の第一線職場からの強い要望を受け、1962年4月に現場における品質管理の普及を目的とした雑誌『現場とQC』(現在の『QCサークル』)誌が発刊されました。

拡大する

創刊号では、編集委員長の石川馨氏(当時 東京大学教授)が、「発刊に当たって」のメッセージで、現場第一線監督者に対して、「読者で輪読会を開催し、雑誌を教材としてQCを勉強するグループを結成してほしい」と呼びかけ、QCサークルは誕生しました。また、QCサークル活動の普及と組織づくりのために、創刊号の発刊に当たり日本科学技術連盟内にQCサークル本部を設け、結成したQCサークルの本部登録制度を創設しました。

創刊50年のあゆみ

1962年4月の創刊後、同年5月よりQCサークル本部登録制度がスタートし、登録サークルによる初めての第1回QCサークル大会が1963年5月に仙台にて開催されました。
全国推進組織もQCサークル本部を中心に、1964年に関東、東海、近畿、北陸支部が発足し、その後、北海道、東北、中国・四国、九州、沖縄も発足し、現在の9支部の体制となりました。
『現場とQC』誌を介して、QCサークル活動は全国へと広まっていきました。

1973年1月号より雑誌名を『現場とQC』から『FQC』(Quality Control for the Forman)へと改称し、さらに1988年1月号より現在の『QCサークル』へと改称しました。
2003年3月号にて通巻500号を達成し、2011年7月号にて通巻600号を数えました。2012年には創刊50年を迎えた歴史ある雑誌です。

『QCサークル』誌の記事づくり

『QCサークル』誌は、創刊当時から編集委員会のもと記事づくりを行っています。毎年、編集方針やスローガンを決め、誌面の企画を編集委員会で検討します。特集記事や各シリーズ記事の担当編集委員は、委員会の場でさらに具体的な企画内容についてメンバーと話し合い、執筆をしたり、編集部と取材へ同行することもあります。


編集委員長 綾野先生

編集委員は、QCサークル活動(小集団改善活動)にご賛同いただいている多くの企業、組織、個人の皆さんにお引き受けいただいております。
現在は東海大学 教授 綾野克俊先生に編集委員長をお引き受けいただいており、編集顧問2名、編集委員96名の方々にご協力いただいております。

『QCサークル』誌は多くの方々のご協力のもと、毎月発行しています。

PDF綾野委員長からのメッセージ

このページの先頭へ