カテゴリー

問題解決・未然防止

未然防止のポイント

組織的なアプローチ

「ハインリッヒの法則」という法則があります。「1件の重大な事故や災害の背景には29件の軽微な事故や災害があり、さらにその背後には300件のヒヤリハットがある」という考え方です。逆に言えば、ヒヤリハットの向こう側に重大な事故の可能性が隠されている、とも言えます。そう考えると、日常的なヒヤリハットを集めることにより、重大事故の種を発見できる可能性が高まります。しかし、ともするとヒヤリハット程度では上に報告しそびれてしまうことが考えられます。組織的にこのような情報を集める仕組みや、軽微なヒヤリハットでも軽視しない風土・文化づくりが求められます。

また、当然、ヒヤリハット以外の事故の報告も集める必要があります。しかし、事故を起こした当事者からすれば、たとえわざとやったことではなくても、報告をして上司に叱責されるのは避けたいところです。これは人間として当然の心理なのではないでしょうか。いっこうになくならない「事故隠し」の事件も、この心理によるものです。場合にもよりますが、「罪を憎んで人を憎まず」の精神で、その当事者を叱るのではなく、まずは起きた事故、事象に注目し、その原因を探ることを優先するべきです。考えようによっては、事故の報告と言うのは、未来の重大事故を未然に防ぐきっかけともなります。ならば、勇気を出して報告した当事者は、未来の事故を防ぐのに貢献した功労者、と言えなくもないのです。

このように、未然防止を組織的に進める体制づくりも重要なファクターとなります。

カテゴリー

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISOセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
Webジャーナル
『クオリティマネジメント』
機関紙「日科技連ニュース」
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.