カテゴリー

問題解決・未然防止

未然防止のポイント

失敗を発明する

失敗学で有名な東京大学特任教授の濱口哲也氏は、未然防止の取り組みを「失敗を発明することだ」と表現しています。何かが発明されたとき、人は後からその仕組みや原理を理解することはできます。しかし、たとえその発明の内容を理解できる人でも、同じ発明ができるかというと、そうではありません。その発明に至る"発想"がとても難しいのです。未然防止も同じことで、起きてしまったことを理解できても、それを"事前に発想する"ことはとても困難なことです。ここに、未然防止の難しさがあります。

しかし、難しいからといって避けて通ることはできませんし、また難しいことと不可能なことは違います。様々なアプローチを用いることで、その発想に近づき、手にすることは可能なのです。

カテゴリー

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISOセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
Webジャーナル
『クオリティマネジメント』
機関紙「日科技連ニュース」
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.