事業詳細

成果発表会

製造業だけでなく流通・サービス業でも適用できます
リスク対策向上のヒントがここに!!


R-Map実践研究会とは、日科技連オリジナルのツールであるR-Map(リスク-マップ)手法を用いて、様々な製品・システム・装置等に内在する大小のリスクを目に見える形で表現し、より確実な対策を可能にするよう、事例中心に検討していく研究会です。
この度、2016年度・一年間にわたる当研究会の活動の締め括りとして、その成果を集約し、広く発表を行う「成果発表会」を開催します。貴社のリスク対策向上、最新情報収集の場として、この機会に是非ご参加ください!

成果発表会 お申込みはこちら
お申込み
▶ パンフレット
開催日時
2017年3月10日(金) 9:45~18:00
会場
東京・日科技連 東高円寺ビル
(東京メトロ・丸ノ内線「東高円寺」駅下車・徒歩5分)
参加費
10,800円/1名(一般・賛助会員とも)
*2017年度「第13年度R-Map実践研究会」の研究員としてお申込みいただいた方は
 今回(2017年3月10日(金))の成果発表会の参加費は無料となります。
スケジュール
 9:45~10:00 事務連絡
10:00~10:30 特別講義
「安全目標とリスクアセスメント」
松本 浩二 氏(R-Map実践研究会 統括主査、製品安全コンサルタント)
10:30~17:00 各研究分科会の成果発表
第1研究分科会「R-Mapによる開発段階からの安全構造設計」
第2研究分科会「R-MapによるAcceptable Levelと社会心理」
第3研究分科会「R-Mapによる事故事例解析・研究」
第4研究分科会「R-Mapによる商品流通と安全確保についての研究」
*各分科会の発表内容はこちら
17:00~18:00 情報交流会(自由参加)
【参加特典】
*4つの研究分科会による研究成果を発表します。成果は冊子でお渡しします!
*成果発表終了後、情報交流会(無料)がございます。

【特別講義 松本浩二氏のご紹介】


《略歴》
1972年 静岡大学工学部機械工学科卒業
1972年 (株)東芝入社後、医療機器部門において製品開発業務従事
1990年  PS(製品安全)専門家として社内PSマネジメントシステム構築
1994年 日科技連PS研究会指導講師、PSレビュー制度等担当
2004年 東芝大連有限公司にてPSマネジメントシステム構築指導
2005年 日科技連R-Map実践研究会主宰
2007年 (株)東芝グループ定年退職
現 在 PSコンサルタント、日科技連R-Map実践研究会統括主査

《主要業績》
*厚生労働省、経済産業省研修会にてリスクマネジメント講師、明治大学「製品の安全学入門」、
日科技連「PS技術者コース」講師、各種工業会でのリスクアセスメント講師、国内企業のPS指導 等

《著書》
*日科技連R-Map研究会編著『R-Map実践ガイダンス』日科技連出版社、2004年
*2008品質月間テキストNo.366『製品安全、リスク管理に役立つR-Map手法の活用』品質月間委員会、2008年
*日科技連R-Map研究会編著『-世界に通用する製品安全リスクアセスメントシリーズ-(全4巻)』日科技連出版社、2014年

【各実践研究分科会の発表内容ご紹介 】
●第1研究分科会
準備中

●第2研究分科会
準備中

●第3研究分科会
準備中

●第4研究分科会
準備中

 

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • QCサークル
  • Webクオリティマネジメント
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 教育/セミナーガイド
  • ステージアップガイド
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中