サービスの特徴

こんな場合にオススメです。 J-select へご相談ください。


対象講座種別

セミナーラインナップ

マネジメントスキル

No. セミナー名 内容 ねらい
1 品質経営概論~TQM、経営戦略、方針管理~ 1.経営とTQM
2.品質経営の効果
3.経営トップの役割
企業風土改革と体質の強化
2 管理の考え方と進め方の基本 1.品質と管理
2.TQM導入・推進のノウハウ
3.マネージャーの役割
企業風土改革と体質の強化
3 事例で学ぶTQM活動の進め方 TQMの実践事例によりTQMの要点、進め方を学ぶ 企業風土改革と体質の強化
4 事例で学ぶ改善活動の進め方 TQMの実践事例により改善活動の進め方を学ぶ 企業風土改革と体質の強化
5 顧客満足と品質保証の基本 1.顧客満足の基本
2.品質保証の基本
企業風土改革と体質の強化
6 はじめての品質管理 1.製品・サービス・仕事の質
2.管理のサイクル
3.QC的ものの見方・考え方
企業風土改革と体質の強化
7 よくわかる品質保証 1.品質保証とは
2.検査による品質保証
3.工程解析・工程管理による品質保証
4.商品企画設計段階からの品質保証
企業風土改革と体質の強化
8 品質保証と信頼性 1.品質保証の基本
2.信頼性の基本
3.品質保証のための信頼性活動
企業風土改革と体質の強化
9 日常管理の基本 1.日常管理とは
2.日常管理の進め方
3.方針管理と日常管理
方針管理・日常管理の理解と活用
10 事業戦略立案 1.戦略立案のフレームワーク
2.戦略の基本
3.各種分析方法の紹介
戦略思考の習得

ヒューマンスキル

No. セミナー名 内容 ねらい
1 リーダーシップの基本 1.リーダーシップとは?
2.これからのリーダーに求められること
リーダーシップの獲得
2 QCサークル活動におけるリーダーシップの向上 1.職場におけるリーダーシップ
2.QCサークルリーダーの役割
3.伸びるQCサークルリーダーの7つの努力
4.魅力あるQCサークルリーダー像
5.元気・やる気のあるQCサークル活動10のポイント
リーダーシップの獲得
3 リーダーのためのQCサークル運営のポイント 1.QCサークル活動のねらい
2.QCサークルの編成
3.QCサークル活動の進め方
4.QCサークル活動の計画の作成
5.QCサークル会合の進め方
6.QCサークル活動運営の工夫
コミュニケーション力の向上   
4 心を癒せば会社がのびる 1.組織としてのココロのケア
2.ストレスその傾向とケア対策
3.会社を元気にする実践テクニック
コミュニケーション力の向上
5 初めて学ぶ発想法 1.創造性開発と右脳の活用
2.能力アップの心構え
3.手法の紹介
コミュニケーション力の向上
6 初めて学ぶファシリテーション 1.ファシリテーターの必要性
2.ファシリテーターの基礎
コミュニケーション力の向上

テクニカルスキル

No. セミナー名 内容 ねらい
No セミナー名 内容 ねらい
1 はじめての小集団改善活動(QCサークル活動)  1.QCサークルの基本
2.QCサークル活動の基本理念
3.QCサークル活動の進め方
コミュニケーション力の向上   
2 問題解決の基本 1.問題の種類
2.問題解決の進め方
3.問題解決とQC手法
問題解決
3 マネージャーに必要な課題形成力と問題解決力 1.マネジメントの基本
2.問題の発見と解決
3.課題の形成と達成
問題解決
4 よくわかる問題解決の方法(手順) 問題解決の手順 問題解決
5 テーマ選定の基本と活用 1.改善活動と活動テーマ
2.問題・課題とその着眼点
3.QCストーリーの4つの型
4.テーマ選定の基本
問題解決
6 初めて学ぶIE手法 1.IEとは
2.IEの基本手順
IE手法
7 よくわかる課題達成の方法(手順) 課題達成の手順 課題達成
8 標準化の基本 1.標準化とは
2.標準化の進め方
3.わかりやすい標準書とは
標準化
9 よくわかる
データのとり方・まとめ方
1.データをとる目的
2.データの種類
3.データとばらつき
4.母集団とサンプル
5.サンプリングと誤差
6.基本統計量とグラフ
数値分析スキル
10 やさしいQC手法(Q7) 1.グラフ
2.パレート図
3.チェックシート
4.層別
5.特性要因図
6.散布図
7.管理図
数値分析スキル
11 やさしいQC手法(N7) 1.連関図法
2.系統図法
3.マトリックス図法
4.親和図法
5.アローダイアグラム法
6.PDPC法
7.マトリックス・データ解析法
言語分析スキル
12 未然防止の基本 1.未然防止の原理
2.未然防止の7つのステップ
リスク管理
13 品質とヒューマンファクター 1.品質とヒューマンファクター
2.品質に関わるトラブルの分析と対策
3.品質文化
リスク管理
14 製品安全リスクアセスメント(R-Map編) 1.リスクアセスメントの基礎知識
2.R-Mapの基礎知識
3.R-Map活用によるリスクアセスメント
リスクアセスメントの理解
15 すぐわかる信頼性活動 1.品質保証と信頼性
2.信頼性の基礎知識(用語含む)
3.信頼性確保・向上の方法
4.信頼性技法(各種)
信頼性・安全性の理解
16 はじめてのFMEA・FTA 1.FMEA
2.FTA
信頼性・安全性の理解
17 VEの基本 1.VEの基本手順
2.VEによるコストダウン
コストマネジメントの理解
18 コストマネジメントの基本 1.コストマネジメントの考え方
2.コストマネジメント技法
コストマネジメントの理解

料金

入会金の他は月会費のみで、何回でも対象セミナーをご利用いただけます。
以下の料金体系は税抜き価格です。

入会金 月 額
正社員数 日科技連賛助会員企業 賛助会員以外の企業
50,000

※日科技連賛助会員は
入会金不要です。

1~49名 20,000 25,000
50~99名 30,000 40,000
100~199名 60,000 80,000
200~299名 90,000 120,000
300~399名 120,000 160,000
400~500名 150,000 200,000

[対象]

  • ・入会した法人の役員および正社員の方々(アルバイト、派遣社員等の方々は対象外です)

[契約期間]

  • ・6ヶ月間(自動更新)

[1コースあたりの参加人数]

  • ・1社あたり5名様まで

会場案内

セミナー毎に会場が異なりますので、申込受付メールでご確認ください。
(外部会場は新宿近郊を予定しています。)

お問い合わせ

一般財団法人日本科学技術連盟 経営企画室

〒163-0704 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル4階

Tel. 03-5990-5842 / E-mail: j-select@juse.or.jp