カテゴリー

医薬統計・医薬関連

セミナー派遣者・参加者の声

臨床試験セミナー統計手法専門コース
エイツーヘルスケア(株)
データサイエンス本部 生物統計第1部 東京第2グループ 薬剤師 逆井 佑来さん
(2017年度・28BioS受講)

臨床試験における多角的な視点とチームビルディングの体得は、かけがえのない財産です。

今の部署では、BioS修了が登竜門的な存在であり、実際にBioSを卒業し現場で活躍されている先輩の背中を追って、手を挙げました。参加するからには、一年間、本気で妥協することなく全力で臨もうと当初から決めていました。講義で扱う内容は自分の知識レベルを超える内容が少なくなかったため、自習・復習に加え、社内の有志での勉強会を一年間やり遂げました。また、総合実習では、臨床統計や様々なバックグラウンドの経験が豊富なメンバーに最初は萎縮することもありましたが、毎回の実習や合宿を通して懇親を深めることができました。メンバーとの度重なるディスカッションを通して、臨床試験に対する多角的な視点を学ぶと同時に、チームビルディングも体得できたことは大変有益な経験であり、かけがえのない貴重な財産となりました。

臨床試験セミナー統計手法専門コース
エイツーヘルスケア(株)
データサイエンス本部 生物統計第1部 東京第1グループ 浅野 綾太さん
(2017年度・28BioS受講)

BioSでの経験が実業務に大変役立っています。

解析業務だけに携わってきた私にとって、模擬臨床試験の計画から総括報告書作成までの一連の流れを体験できる絶好の機会だと思いBioSへの参加を希望しました。業界の第一線で活躍されている講師陣による講義は、歴史から最新動向、タイムリーな臨床試験の裏話にいたるまで豊富な話題が盛り込まれており、毎回刺激を受けました。また、個人グループ学習では、講師に質問しやすい環境が有り難く、課題や実習の中での疑問点等を補うことができました。総合実習は一年間を通して多忙ではありましたが、計画から総括報告書作成までチームのメンバーと協力して最後までやり遂げることができたことは、とても貴重な経験となり、実業務において大変役立っていると感じております。

エイツーヘルスケア(株)
データサイエンス本部 生物統計第1部 部長 益田 隆史さん
(派遣責任者)

「やる気」と「遂行能力」を持った人材を積極的に派遣していきたい。 

当社では、外部研修への参加は自発的な希望制を採用していますが、本人のやる気と研修修了までの一年間を最後までやり遂げられるのかどうかを見極め、厳正なる選考のもと、BioSセミナーへの派遣を決定しています。 私自身も、第9回BioSを修了しました。当時学んだ事は、この業界で仕事をする上で必要不可欠な知識であることに間違いなく、以降の仕事に大変役立っています。臨床試験全体における、統計解析の役割を学ぶ事が出来たおかげで、それがどういう役割を果たし、どう活かしていくのか、その視点を養う場として、非常に価値あるセミナーでした。また、同期とは今でも親交があり、BioSを通じて出来た仲間やライバルは、私にとって今なお大きな財産となっています。 昨年派遣した二人も人脈を広げたようですし、実務においてもお客様からの依頼業務に対する考え方や取組み方、他部門業務を配慮した社内での仕事の進め方において、大きな成長を感じています。

(2018年8月取材)

▶ セミナー派遣者・参加者の声一覧

 

カテゴリー

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISOセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
Webジャーナル
『クオリティマネジメント』
機関紙「日科技連ニュース」
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.