カテゴリー

医薬統計・医薬関連

セミナー派遣者・参加者の声

臨床試験セミナー統計手法専門コース
株式会社メディサイエンスプラニング
開発推進本部 データサイエンス部 統計解析第2グループ
齋藤 健二さん
(2020年度・31BioS受講)

統計解析担当の立場及び責務を理解でき、求められる知識と能力が身につくセミナー

私は実業務では、統計解析の計画、提案を担当しております。
私がBioSへ参加した理由は、「治験実施計画段階での統計解析担当の立場が重要視され、統計解析担当も臨床試験全体の知識を学ぶ必要がある」と考えたからです。

BioSの模擬臨床試験では、受講生自ら臨床試験の立案から総括報告書作成を体験し、普段の実業務では得られない大変貴重な経験をいたしました。
私は、臨床試験での統計解析担当の立場及び責務を改めて理解することができ、BioSで学んだことが実業務においても存分に活かすことができることを実感しています。

講義においては、基礎的な部分から丁寧な解説があり、その先の応用まで取り扱っており、学べば学ぶほど更に興味をそそられる講義でした。

実業務とBioS受講の両立は大変な部分もありましたが、それ以上の知識や経験が得られました。BioSは、臨床試験に携わる統計解析担当にとって、大変重要なセミナーです。
参加をご検討されている方は、是非とも参加することをお勧めいたします。

株式会社メディサイエンスプラニング
開発推進本部 データサイエンス部 統計解析第2グループ グループリーダー
本間 友之さん
(派遣責任者)

医薬統計の基礎から臨床試験全体を体系的に学べる場

弊社の教育方針として、実務を通して統計解析業務の全貌が理解できた者を対象に、次のステップとしてBioSの受講を実施しています。統計の知識を得る事はさることながら、統計解析担当者だからという理由で一部の業務に固執してしまうところを、総合実習を通して広い視野を持って対応できる担当者に育ってほしいという考えからです。

齋藤さんもBioS修了後は、治験実施計画書の内容や前後のDMやライティングにも提言を示すようになり、統計解析業務に大変自信をもって取り組むようになりました。また、率先して勉強会を開催し後輩の育成にも協力的で、グループ内の活性化に一役買う存在です。

私自身も過去に参加経験があり、BioSを通して医薬統計と向き合い、総合実習では実務上では見落としていた部分も参加者同士で切磋琢磨し取り組む機会を設けることができました。非常に有意義なセミナーのため今後も継続されることを願っております。
 

(2021年11月寄稿)

▶ セミナー派遣者・参加者の声一覧

 

カテゴリー

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISO・IATFセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
機関誌『クオリティ・クラブ』
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2021 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.