ODC分析研究会/日科技連|ソフトウェア品質|SQiP研究会
日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ホーム > 研究会-ODC分析研究会
ODC分析研究会
第3期 活動報告会

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に伴う開催中止のお知らせ

一般財団法人日本科学技術連盟では、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が国内で拡大している状況を受け「ODC分析研究会」2月25日(火)の例会ならびに3月23日(月)の活動報告会の開催中止を決定いたしました。

研究員の皆様、報告会ご参加申込をいただきました皆様、開催に向け準備をいただきました委員の皆様には、大変申し訳ございませんが、新型コロナウイルスの感染拡大の情況に鑑み、皆様の健康を第一に考えた結果の決定でございます。ご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

ODC分析研究会は、多くの研究員に参加していただき無事に第3期の活動が終了を迎えます。
第3期では、ODC分析研究会の設立主旨である「ものづくり文化を根底から支える品質管理」の技術である欠陥分析分野のODC分析を更なる普及・振興にむけての活動を実施してきました。

第1期、第2期ではODC分析を技術として捉え、普及に必要なテーマの抽出とその活動内容やゴールについて議論し、ODC分析の普及に必要な属性の用語を適訳することや教育ガイドラインについて策定を進めてきました。 第1期、第2期の活動内容を振り返り、第3期では研究会を2部構成として、第1部ではODC分析を正しく理解してもらうために、実践的な教育コンテンツ作成とその解説が必要であるとして、教育ガイドラインに準じた特別講義を実施しました。特別講義では、ODC分析の基礎編を4回の講義で実施し、ODC分析の背景や適用目的および各ODC属性の解説を行っています。応用編は実際の分析方法などの例題を示しながら分析方法を中心に解説が行われています。 更に第2部では、教育コンテンツを更にブラッシュアップするために、各研究員が企業の枠組みを超えて、特別講義で実施したテーマについてワークショップを行いました。これらはODC分析研究会の成果として教育・研修コンテンツに反映していきます。

第3期活動報告会では、これらの活動をサマリーにして報告するとともに、第4期に向けた活動方針を発表いたします。自組織で標準的な欠陥分析の普及や欠陥分析によるプロセス改善に課題、またはご興味ある方は是非ご参加ください。

参加費は無料、先着順で申込受付をいたします、下記要領によりお申込ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催要領
日時 2020年3月23日(月) 13:30~17:00 (受付・開場:13:00~)
会場 日本科学技術連盟 東高円寺ビル 2階講堂
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南 1-2-1
参加費 無料
定員 50名(先着順・事前登録制)
プログラム

※ 都合により、内容が変更になる場合がございます、あらかじめご了承ください。

時間 内容
13:30-13:35 事務連絡
13:35-13:45 オープニング
第3期活動報告 ODC分析研究会活動サマリー 佐々木 方規 氏 (株式会社ベリサーブ)
13:45-16:45

活動報告

第3期の活動を本研究会運営委員がダイジェストでお伝えします。
・13:45~14:30 ODC分析の基礎
杉崎 眞弘 氏 (SUGIシステムズエンジニアリング)
・14:30~15:00 タイプ属性分析
瀬能 芳幸 氏 (キヤノン株式会社)
・15:00~15:30 トリガー属性分析
武田 匡広 氏 (オリンパス株式会社)
(15:30~15:45 休憩)
・15:45~16:00 インパクト・ソース属性
森 龍二 氏 (株式会社ベリサーブ)
・16:00~16:15 プロセスリファレンスモデル
佐々木 方規 氏 (株式会社ベリサーブ)
・16:15~16:30 ODC分析のプロセス手順と手法例
小島 義也 氏 (エプソンアヴァシス株式会社)
・16:30~16:45 特別講義アンケート集計分析結果報告
吾妻 仙一郎 氏 (キヤノンITソリューションズ株式会社)
16:45-17:00 クロージング 岡本 慎司 氏(京セラ株式会社)
・第4期開催概要
過去の活動
活動報告会レポート/発表資料

「ODC」については、以下のWeb資料をご参照ください

第3期 開催概要
2019年6月・第3期キックオフ!

設立主旨

日本の高い品質のものづくり文化を根底から支える品質管理や品質保証の分野において、検証結果の欠陥分析は重要な技術テーマです。旧来より品質管理において「欠陥」は、除去する対象だけでなく、品質の向上を実現する種として重要視されています。しかし欠陥分析は、日本の企業群や組織でさまざまな取り組みが行われている結果、統一された分析技法の定着を阻害しています。分析技法が標準化されていないことで、「欠陥」そのものでなく欠陥の除去技術や製品の品質評価方法などが組織の壁を越えて議論され難くなっています。これらを解決するためには、欠陥分析に関係する用語や欠陥を分類する属性を統一し、共通の言語で品質を語ることができる場を提供することが必要です。「ODC (Orthogonal Defect Classification、直交欠陥分類)分析研究会」は、企業や組織の枠組みを超えて欠陥分析の議論や研究を行い、その成果を、ものづくりを行う企業に提供し、日本の産業界の発展に貢献して参ります。

ODC分析研究会 会則

第3期 運営委員

(敬称略、順不同)

  • 委員長:佐々木方規 (株式会社ベリサーブ)
  • 委 員:小島 義也 (エプソンアヴァシス株式会社)
        杉崎 眞弘 (SUGIシステムズエンジニアリング)
        瀬能 芳幸 (キヤノン株式会社)
        武田 匡広 (オリンパス株式会社)
        西  康晴 (電気通信大学)
        森  龍二 (株式会社ベリサーブ)
        吾妻 仙一郎(キヤノンITソリューションズ株式会社)
        岡本 慎司 (京セラ株式会社)
開催要領
参加対象
募集概要
  • 欠陥分析を用いた品質改善、プロセス改善でお悩みの方。
  • ODC分析を基礎からの理解を希望し、業務に適用を実施または検討している方。
  • 業務として参加できる方(研究会は平日就業時間内で実施しますが、必須ではありません)。

【参加条件】※下記「分析パターン」はODC分析研究会として公開します。
1)ODC分析に必要な欠陥情報を持ち寄れる方 (下記の注意事項も参照してください)
2)ODC分析研究成果としての分析パターンを提供していただける方


注意事項:
欠陥情報は、機密事項については必要ありません。
ODC分析を実施でき、ODC分析パターンを抽出できる要素のみ提供していただきます。

参加費 無料(ただし、研究会会場までの交通費、交流会費などはご自弁ください。)
活動について

期間:2019年6月~2020年3月

  • 6月、7月、8月、9月、11月、12月、1月、2月、3月の計9回
  • 第9回例会(3月)は成果報告会
  • 時間は毎回原則として第1部「特別講義」は10:00~12:00、第2部「分科会」は13:00~15:00、5時間程度を予定。

参加形態:

  • 第1部(特別講義)、第2部(分科会)は独立して募集(定員あり)を行います。「第1部のみ」、「第1部+第2部」で参加可能です。参加申込時に希望の参加形態を選択してください。
開催場所 日本科学技術連盟 東高円寺ビル (東京都杉並区高円寺南 1-2-1)
募集人数

第1部(特別講義)、第2部(分科会)ともに30名(1組織からの参加は2名まで(運営委員を除く))

開催日 第1回 2019年6月13日(木)10:00~16:00(第3期キックオフ)、その後・交流会を予定
募集期間 2019年4月22日(月)~5月16日(木)
申し込み

第3期の申込受付は終了しました。

第3期 年間スケジュール

※ 例会等の日時・時間帯・内容は都合により変更する場合がございます。

回数 開催日 内容
午前
10:00~12:00
午後
13:00~15:00
第1回 2019年6月13日(木) ■第3期キックオフ
■進め方の説明
■特別講義 「ODC分析 基礎編(1)」
ODC分析の基礎
 ・ODC分析のコンセプト
 ・ODC分析の属性
 ・開発プロセスと不具合の関係
 ・プロセス・シグネチャ
 ・ODC分析の期待される効果
分科会(第1回は16:00終了)
情報交換会(有志・16:30〜19:00)
第2回 2019年7月23日(火) ■特別講義 「ODC分析 基礎編(2)」
ODC分析のタイプ属性
 ・タイプ属性の説明
 ・タイプ属性の付与の仕方
 ・タイプ属性による分析基礎
分科会
第3回 2019年8月28日(水) ■特別講義 「ODC分析 基礎編(3)」
ODC分析のトリガー属性
 ・トリガー属性の説明
 ・トリガー属性の付与の仕方
 ・トリガー属性による分析基礎
分科会
第4回 2019年9月27日(金) ■特別講義 「ODC分析 基礎編(4)」
ODC分析のインパクト、ソース属性
 ・インパクト、ソース属性の説明
 ・インパクト、ソース属性の付与の仕方
 ・インパクト、ソース属性による分析基礎
分科会
第5回 2019年11月21日(木) ■特別講義 「ODC分析 応用編(1)」
プロセスリファレンスモデル(PRM)を参考にODC属性のライフサイクルを考える
・ODCタイプ属性、ODCトリガー属性とPRMの関係
・ODC属性のライフサイクルの解説
・ODC属性のライフサイクルの境界値による分析方法
分科会
第6回 2019年12月18日(水) ■特別講義 「ODC分析 応用編(2)」
 ・タイプ属性の復習
 ・プロセスとODC
 ・分析事例(1)
(開発経緯、タイプシグネチャー、分析例)
分科会
第7回 2020年1月27日(月) ■特別講義 「ODC分析 応用編(3)」
 ・トリガー応用分析
 ・トリガー属性の復習
 ・プロセスとODC
 ・分析事例(1)
分科会
第8回 2020年2月25日(火) ■特別講義 「ODC分析 応用編(4)」
 ・ODC技法の学習評価の変化について
 ・ODC分析のプロセス手順と手法例
・各開発工程におけるODCの活用方法をテーラリングした内容の紹介
分科会
第9回 2020年3月23日(月) 活動報告会

※第9回は13:30開始/17:00終了予定
お問い合わせ
ODC分析研究会担当
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1
電話番号 03-5378-9813    ファックス番号番号 03-5378-9842    メール sqip@juse.or.jp
 
戻る
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.